記事投稿日:

[進撃の巨人]19巻ネタバレ感想考察まとめ!エレンの引き渡しと壁中人類の死滅が目的!?

投稿者: | 2019年11月2日

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

19巻ネタバレまとめ!

「四足歩行型」には中身はなにが入っているというのか!?

これは敵のなにかの思惑かもしれない!?

 

敵の主目的はエレンを奪回するはずだがw。

それなら、馬を殺すのが妥当な作戦だw。馬がなければ人は逃げるのが遅くなるからw。

 

この作戦が失敗しても、地下室に行けるかもしれない。

グリシャ・イエーガーが最後に残した、世界の真相の地下室にw。

 

雷槍の威力はすさまじいw

うまく使えばかなりの戦力になるかもしれないw。

 

19巻あらすじ?

第75話二つの戦局

あの「四足歩行型の」の荷物を運ぶ鞍がある。先ほど一斉に巨人化したものではないなw。

だとすればあれが敵の斥候か。我々の接近にいち早く気付き、ライナーらに伝えたとするなら。

 

獣の巨人がまたもや堂々と登場した。2~3メートル級ら多数接近。

ウドガルド城の襲撃と同じく奴がまず狙うのは馬。

 

敵の主目的はエレンの奪取であるが、そのためにはまず我々から撤退の選択肢を奪う。

依然、巨人の領域であるここウォールマリア領から我々が馬なしで帰還する術はない。馬さえ殺してしまえば退路を閉鎖するだけで我々の補給線は断たれる。

 

1週間でも、1か月でも動けなくなるものがいなくなるまでただ待てばいい。

敵は交戦のリスクを冒すことなく虫の息となったエレンを奪い返すことができるのだからw。

 

ライナーが遠くから戦況を見守っていた。そこに、エレンが?なぜ、自分から姿を現した!?

俺たちの目的がお前であることは重々承知のはず・・一体何のつもりだ!?

 

前回、エレンは鎧をあと一歩もところまで追い詰めましたが、超大型の強力な奇襲をうけ、連れ去られるに至ったのです。

単純な対策ですが、壁から離れた位置で戦いましょう、

 

まぐれかもしれねえけどお前には一度勝ってんだ。

ほとんど勝ってた。1体なら俺は勝てる。単純な格闘能力なら、女型のほうがずっと手強かったw。

 

第76話 雷槍

この作戦が失敗しても、死ぬ前に地下室に行けるかもしれない。

グリシャ・イエーガーが残した地下室、、世界の真相に。

 

実験の甲斐があった。この拳なら戦える。

硬質化は一点に凝縮させるとより強固になる。奴の全身に張り巡らせた鎧なら薄氷みてえに砕ける。

 

この鉄の棒が新兵器。威力は見ての通り。雷が落ちたようだろw。

だから「雷槍」って呼んでる。

 

効果ありだ。うなじの「鎧」がはがれかかている。

本当にきいた。もう一度だ。雷槍を打ち込んでとどめを刺せ。

 

第77話 彼らが見た世界

 

だからあ、あにチャンならきっと大丈夫だよ。

拷問なんてうけてないって。

 

だいたい、考えにくい話じゃない。俺たちの能力があれば傷一つで大概のことはできるのだからw。

ましてや要領のいい、アニちゃんのことだ。どこかに身を隠してキックの練習とかしてるのだぜ、きっと。

 

そーですか、じゃあこの間決定したことは何だったのでしょうか?

もう一度やってもいいのだぞ、ライナー!?ただし次にお前が負けたら、その鎧はほかの戦士に譲ってもらう。

 

じゃあしっかりしようよ!目標は一つだろ。

ここで座標を奪還し、この呪われた歴史に終止符をうつ。もう終わらせよう。終わりにしたいのだよ、おれたちで。

 

ジーク戦士長。敵兵力多数接近。ふもとまできています。

勇敢なる戦士よ。ここで決着をつけわれわれの使命を果たそうではないか。

 

ライナーが巨人化してしばらくたった。奇襲がうまくいかなかったことはわかるw。

だったら合図はまだかライナー!?そっちはまだ無事なのか!?

 

ライナーが吠えた!これは鎧の叫びかw。

きた合図だ。さっきのさけび!まさかベルベルトを。上から超大型が降ってきます。ここは丸ごと吹き飛びます。

 

第78話 光臨

 

くそ!全員鎧の巨人からはなれろ!超大型巨人がここに落ちてくる。

まずい、この距離じゃここに落ちてくる。あれは避けられない。地面との距離、まずはここらを吹き飛ばす。

 

ライナー!生きてる。これは全身の神経網に意識を移すことに成功したのか!?

神経網を通じて、巨人の脳を利用すれば記憶を失わずにすむ。でもこれは最後の手段だ、本当にやるなんてw。

 

アルミン、ベルトルト、いったいなんのマネだ。話をしたら全員死んでくれるか!?

僕たちの要求はわずか2つ。エレンの引き渡しと壁中人類のしめつだw。

 

雷槍が新兵器!?

 

この鉄の棒が新兵器!?せめて槍といってくれよ!

技術班は私の要望にこたえてくれたのだ。中央憲兵が隠し持っていた新技術を導入してねw。

 

私の要望とはつまり、鎧の巨人に対抗できる武器が必要だってことだ。

鎧の巨人に!?私たちの刃は鎧の巨人には無力だった。敵が硬質化のすきでもみせない限り、私たちはエレンと鎧の戦いを眺めることしかできなかった。

 

壁の破壊者であるライナーとベルトルトを殺さなければならないのだからw。

威力は見ての通り、雷が落ちたようだろ。だから「雷槍」って呼んでる!

TOPページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です