記事投稿日:

食品工場のシフトはかなり時間差出勤だし、頻繁に変更する!?[シフト気になる!?]

投稿者: | 2019年9月6日

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

食品工場といいますと、なにも工場のことにシフトに関して知らない人は交代制とか、深夜勤務があると思われるかもしれませんw。

工場での仕事となりますと、まあ一般的には交代制かと思われるかもでしょう(笑)。

食品工場と言いましても、ジャンルはかなり幅広いので、私の勤務した食品工場のシフトのことにつきまして、検証していきましょう。

まあ、わたしは食品工場と言いますと、アルバイト、派遣、正社員でそれぞれの立場で仕事をしたことがあります。

 

それで、この記事では、正社員で食品工場で仕事したときのシフトに関して、いろいろな角度から考察します。

いままでさまざまな仕事を経験してきましたが、食品工場ほどシフトのことを重視するのは私の中ではなかったと思うw。

 

もう、シフトは毎日何かしら、誰か作成したり、変更したり、閲覧したりするほどの人気ぶり。

シフトはみなにすぐにわかるように目立つところの置いてありますからねw。

私が入社したばかりのころの出勤時間は!?

さて、わたしが食品工場に入社したばかりのころのシフトは、だいたい

5時

5時半

6時

6時半

10時

12時

まあ、このような中から、日替わりで出勤時間が変わるパターンでしたねw。

 

例)

月)5時出勤

火)5時半出勤

水)6時

木)休み

金)5時

土)5時

日)12時

まあ、だいたい上のようなのがその1週間の一例のパターンですが、そのほかにも似たようなパターンはいくらでもあります。

 

まあ、見てわかるのは、休み明けは早番の5時出勤でそれから、ちょっとずつ出勤時間が遅くなるのが特徴ですね。ここらは社員を気ずかっているのかもw。

といろいろな入社したころのシフトは時間もまちまちですが、私はどちらかと言いますと、早番出勤が好きで、遅番の12時とかはとても苦手でした(笑)。

入社したときの存在したシフトは!?

それでは、私がその食品工場に入社したときのシフトを書こうと思いますが、まあシフトは月単位、年単位で変更することもよくある。

ようするに、生産量の変更があるので、シフトもそのたびに変更するということでしょうw。

 

私が入社したときに存在したシフトは↓

3時半、4時、4時半、5時、5時半、6時、6時半、7時、8時、9時、10時、12時、15時etc。

まあこのような感じの30分単位、1時間単位の時間差出勤になりますw。

食品工場の部署によってシフトはかなり違う!?

私の仕事した食品工場では、部署によってシフト表がかなり違っています。

工場は6つくらいあって、1つの工場に10つくらい部署があったのかなw。その10つの部署ごとに担当がシフトを組んでたw。

 

うちらの部署は早番、遅番のみで、深夜勤はないので、良かったと感じている。

深夜勤の部署に私はもし配属されていたら、会社にいくのが辛かったかもしれない。わたしはまあ遅番はいいのですが、深夜の0時出勤、1時出勤の類はもうアレルギー性くらい大嫌いなのであるw。

 

一方で、食品工場でも管理的な職についている人のシフトはかなり日勤みたいなのに近いところがありましたw。

ようするに、変則的ではなく、一般的なシフトが管理職的な立場の人の出勤シフトでしたw。

シフトはすぐに変更もできる!?

それで、食品工場のシフトは理由があればすぐに変更もできるのがメリットかもしれません。

もう、社員が明日のシフトでなにか都合ができれば、帰り際に管理者にいえば、すぐに明日のシフトをずらして変更もできます。

 

そして、急な冠婚葬祭がありましても、他の社員と効率よく休みを入れ替えてもらえば、欠勤扱いにはなりませんw。

一般的な普通の会社ですと、シフトの変更はそうはないかもですが、私の勤務した食品工場はたいがいのことでしたら、シフトの変更はできますよw。

月に1度、管理者がシフトを組む!?

私の仕事した食品工場では、月に1度、管理者がシフトを組んでるみたいでした。その月の21日から、来月までの20日の1か月分のシフトでしたね。

例)7月21日から8月20日まで。。

 

私のいた部署は作業員が派遣を含めると、30名くらいはいたので、シフトを組むのも管理者にとりましては厄介だったと思うw。

 

数年間経過したときの私のシフト出勤は!?

さて、食品工場に数年間勤務したときの私のシフトはどうなったのかと言いますと、

遅番勤務なしの、早番出勤ばかりの私の好きな理想的な出勤時間になったのですw。

 

私が特にシフト管理者に早番の勤務を申し出たわけではないのですが、おのずと早番ばかりの勤務シフトになったのは好都合でした(笑)。

なんと言いますか、朝早く起きて、早起きは三文の得ではないですが、それで夕方前には仕事も終わるので、15時、16時に家に帰宅できて、自分のやりたいことをできるのはとても楽しいし、充実できるのが早番のシフト出勤ですねw。

TOPページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です